お互いの気持ちを共有する場所①

みなさん、こんにちは。

今日は、ワイワイセッションの活動の雰囲気についてお話ししたいと思います。

余暇活動のなかで、音楽やアート、ティータイムなど、様々な内容を実施しています。

その中で、自閉症や知的障がいのあるメンバーさん、ボランティアは、それぞれ自分が好きな楽器や歌、色や感覚などを体験しながら、それをみんなで共有しています。

自分がこの歌を歌っていると楽しいな、この色や手触りが心地いいなと思うこと、それを「気持ち」と呼ぶこともあります。

メンバーさんとボランティアは、活動の中でお互いの気持ちを共有しているのかもしれません。だからこそ、一人で楽しむ時間とは、また違った気持ち、楽しさや心地よさが湧いてくるんだと、私は思っています。

 

じゃあ、この「気持ち」は、私たちの身体のどこで感じているんでしょうか?

そんなことを、考えたことがありますか?

「え?そんな当たり前のこと、考えたことない!」って。

せっかくの機会なので、よければ少し考えてみてください。

考えながら、この質問の答えを、楽しみにしていてください。

次の回でお話ししたいと思います。

関連記事

  1. ほっとする時間 ボランティア

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。